オンライン英語塾まこちょ紹介

オンライン英語塾まこちょ

塾長 まこちょ

大学入試

高校入試

資格試験対策(英検・TOEIC)

大人のやり直し英語

初めまして、塾長のまこちょです

このサイトをご覧になっているみなさん、初めましてまこちょです。

このサイトを覗いているということは、もしかしたら何かこれからの英語学習についてお悩みなことがあるのかもしれませんね。例えば大学入試の英語をどうしようとか、もしかしたら今度会社で英語でメールのやり取りをしなくちゃならないんだけどどうしよう、とか…

そう、英語についての悩みは本当に千差万別、人によって全く違います。

ですが心配なさらないでください。みなさんは今、このサイトにたどり着きました。

もしかしたらみなさんがこのサイトに来てくださったのは本当に「偶然」かもしれません。たまたまネットサーフィンをしていたらここに来ちゃった、そんな感じの方もいるかと思います。

ですが、少なくともこのようなサイトを覗こうと思ったからには、英語学習に関心のある方なのではないでしょうか?英語についてちょっと心に引っかかっていることがある、そうではないでしょうか?

もし、そうならばこの偶然の「出会い」、なかなか捨てたものでもないかもしれません。本当にようこそお越しくださいました。せっかくですので、ぜひ最後までお読みになって行ってください。

まこちょ英語ブログの運営管理人が作った英語塾

私まこちょは「まこちょ英語ブログ」ほか、英語学習サイトを4つ、英語学習メルマガを3つ運営しています。

おかげさまで「まこちょ英語ブログ」は「英語学習」というキーワードでGoogleの検索結果に認知されています。現在このサイトは月間35~40万PVのアクセス数を誇り、特に大学入試を控える受験生にとってなくてはならないサイトになったと自負しています。

私は英語講師(塾の講師)として20年のキャリアを持っています。そしてその間に「英語指導者」として徹底的に鍛えられました。

もちろん鍛えてくれたのは、これまで私が関わった生徒たち、つまり英語学習者の方々です。

やはり何事にも最初はあるもの、私の「英語指導」としてのキャリアスタートは決して順風満帆とはいいがたいものでした。毎日発生する生徒たちの質問の雨あられ、そして罵倒…

つまり未熟だったんですね。相手が本当に必要としている情報をしっかりと与えることができなくて非常に歯がゆい思いをした最初の数年間でした。

ですがそのうち、英語学習者の方が苦手にしているポイントが徐々に分かってきました。しかも長年英語指導をしていると、その苦手ポイントは結構な確率で重複することが分かったんですね。

その重複するポイントを記事にしたためて困ったときに閲覧できるようにしたのが「まこちょ英語ブログ」です。

ここまでの経緯は以下の記事に詳しいです。よかった後でご覧になってください。

保護中: はじめまして、まこちょです。
●はじめまして、私はまこちょ英語ブログを運営しているまこちょです。よく考えたら自分のプロフィールを改めて具体的にご紹介する機会がこれまでなかったので、当ブログを機に書き留めておこうかなと考えた次第です。

また私のブログに興味をお持ちになった方は以下の記事を読んでみてください。ブログ・メルマガについての最新情報を得ることができます。

ブログ・メルマガ案内
私、まこちょは現在、4つのメディアサイトと3つのメルマガを運営しています。 このすべてに私のノウハウが詰まっており...

まこちょの英語ノウハウをすべて叩き込みます

私も、こういっては何ですが高校英語は結構香ばしい成績を取っていました。上記の記事をお読みいただければ分かるかと思いますが、なんせ最初はSVOCの5文型ってなぜあるの?といったレベルでしたから。

ですが、浪人時代のときにある予備校講師と出会ったことで英語が開眼しました。みるみるうちに成績が上がっていき、いつのまにか予備校の模試成績優秀者の常連になるまでに英語にのめり込んでしまったんですね。

それから25年近くの歳月が経っていますが、いまだに当時の予備校講師には頭が上がりません。本当に出会っていなかったらどうなっていたことか…今でもしみじみと考えることがあるくらいです。

そう重要なのは「出会い」と「いい情報」なんですね。

みなさんはもしかしたらこれから塾や予備校をお探しかもしれません。このサイトを訪問してくれた理由ももしかしたらそうかもしれませんよね。

そんなみなさんにもう一度言います。とても重要なポイントなので。

英語学習で必要なのはあなたにジャストフィットする先生との「出会い」と英語学習に関する「よい情報」です。

例えば私の例をあげますが、私は確かに高校のときの英語の成績は最悪でした。でもだからと言って英語学習を全くしていなかった、というわけではないんですよ?

むしろ単語を覚えたり英文法書をこなしたりするのは他の生徒と比べてみても結構やった方です。学校の単語の小テストなどはそこそこの点数を取っていましたから。

でも模試になると全くダメ。そもそも長文も最後までたどり着かないんです。「あぁ、俺はこの科目は徹底的に相性が悪いんだな」と、見るも無残な模試の成績表を片手にいつもそう思っていました。

そのように英語に対してすっかりトラウマになりつつあったある日、予備校で先ほどご紹介した「先生」に出会ったわけです。その先生は新しい知識を増やすというよりも、すでに頭の中にある知識を『どう使うか』に焦点を絞った授業スタイルでした。

これが私にはまさにドンピシャだったわけです。先ほども言った通り、私はちょっとした暗記はそれほど苦手ではなかったのですが、全然成績は上がらなかった。

ですがその先生の授業を受けて分かったんです、「あ~、俺は覚えた知識をまったく使おうとしていなかったな」って。

私は英単語も英文法も覚えた知識を「活かす」ことが出来なかった。要するに「英文法」と「長文読解」を全く別物と捉えていたんですね。それに気づいたときはちょっとしたショックを受けました。

ちなみにそこからは早かったです。コツをつかんでしまった私はあっという間に英語が爆伸びしましたね。先生にもう一度具体的な勉強方法を聞きに行ったりして、もう一度自分の勉強法を見直したんです。

その先生は私の「性格」をすぐに見通して、私にとって効果的な勉強法を教えてくださいました。私は現役時代に英語に関しては「トラウマ」一歩手前までいっていたのですが、浪人の11月ごろには駅の売店で「英字新聞」を買い、予備校に行くまでに一通り読み終えることが出来るくらいまでには成長しました(笑)偏差値でいったら40 → 80ぐらい伸びたかと思います。

私が英語を伸ばすことができ、しかも今英語を生業として生活しているのは、この当時のターニングポイントがきっかけだったわけですが、この時の教訓は私の英語指導に存分に活かされています。それは

①英語を伸ばす方法は「生徒」によって異なる

→ 英語の学習に均一な方法は存在しないこと

②生徒の学習方法をよく把握する

→ どんな学習方法をして英語に困っているかを見極める

③生徒に合った学習方法を提供する

→ 簡潔に・効果的に

④「なぜ」を大切に

→ 理屈のない英語学習はすぐに息詰まる

⑤「習って慣れる」

→ 完全理解の後の反復練習こそが重要

この5点です。

したがって、オンライン英語塾「まこちょ」では授業を開始する前にまずは生徒との「面談」を非常に大事にしています。その生徒がこれまでどのような歩みをしてきたのかをまずはしっかり「理解」したい。そうしないと、特に個別の授業では成績を上げることができません。

そして何を・どのように・どれくらい学習すれば英語の学力が上がり、そして合格できるのかを生徒にまずは把握させます。

それでお互いに納得した時点で授業を開始いたします。よく質問などで「まこちょ先生の英語の授業はどんな感じですか?」といった内容を受けますが、私の授業スタイルで最も近い雰囲気を醸し出しているのはやはり「まこちょ英語ブログ」です。ぜひ一度何でもいいですから、サイトの記事を読んでみてください。もちろんご希望ならば「体験授業」も大歓迎です。

英語でお困りの方は、ぜひ一度お問い合わせください。これまでのキャリアの総まとめとして、英語で困っている人を助けたい、そう思ってこのオンライン英語塾を立ち上げました。英語がまったくできない方、難関大学を受験する方、英文法をやり直ししたい、目的は様々ですが、必ず結果を出す塾です。

お問い合わせはこちらからどうぞ

タイトルとURLをコピーしました